• ホーム
  • ただ洗顔するのではなくクレンジングも大切

ただ洗顔するのではなくクレンジングも大切

2019年10月08日
肌がきれいな女性

シミを防ぐためには、お肌の状態を良好にしておくことが必須です。とにかく老廃物が溜まっていると、ニキビが出来たりターンオーバーの働きも乱してしまうことにつながります。角質がたまってくると、どんどん皮膚は厚くなって化粧水の浸透も悪くなって乾燥肌になる、また乾燥すれば紫外線からの肌ダメージも受けやすい状態になるので要注意です。

そこでお肌の汚れを落として常に清潔にする事を心がけましょう。特に色素沈着ということを考えると洗顔をするだけではなく、クレンジングをしっかりしてファンデーションやアイメイクなども落としきる事が重要です。クレンジング剤は様々なタイプが出ていますし、それぞれ使用感や効果も違ってきますので自分にあった物を選んでいくことから始めていきましょう。

一番メイクが落ちると言われているのがオイルです。オイルならウォータープルーフのマスカラもしっかり落ちるものが多いですし、がっつりメイクをされている方にはおすすめです。しかしオイルタイプのクレンジング剤の場合洗い上がりがつっぱってしまうという方もいますし、強すぎると感じる場合には他のものを使ってみることもおすすめです。

乾燥しやすい方にはクリームタイプやミルクタイプのクレンジング剤が良いでしょう。洗浄力としてはオイルに劣る部分がありますが、洗い上がりがしっとりするという特徴がありますので、乾燥しやすい肌タイプの方にはおすすめです。マッサージをして血流もアップさせたり老廃物を流したいという場合には、クリームタイプを使うことで肌への摩擦をおさえてケアを行う事が出来ます。少し多めに手に取り、優しくマッサージをしながらクレンジングをしていく事でリンパの流れも良くなりますし、ただメイクを落とすということだけではなく、マッサージの相乗効果も期待出来ます。

ミルクタイプもオイルと比べると弾力がありますので、毛穴の汚れまでスッキリ綺麗に落とせるという口コミ評判の高いものも有りますし、自分にあったものを探していきましょう。顔にのせたときにはまだ白いのですが、それをくるくると摩擦をあまり起こさないように馴染ませていくと、だんだんと液状になってきますのでそれがメイクが落ちてきているというサインになってわかりやすいです。

メイクも落とせる洗顔料ということで、泡タイプのクレンジング剤も出ていますが、こちらは若干メイク落としという所で見ると、落とし残しが出てしまうという声もあげられています。ナチュラルメイクの方であれば全然問題はないかも知れませんが、濃い目のメイクを好む方はできるだけ泡以外の方法で落とす事をおすすめします。

洗顔やクレンジングの後には必ず保湿を行っていきます。洗顔の後にパックのケアを行うことで、毛穴の汚れが綺麗になって化粧水の浸透も良くなります。また洗顔などのお手入れ後には出来るだけ早く化粧水をつけるというのもポイントで、どんどん肌の水分が蒸発していってしまいますので気を付けるようにしましょう。化粧水のパックも保湿効果が高いのでおすすめです。