• ホーム
  • 「クリンダマイシン」でニキビを治療できる

「クリンダマイシン」でニキビを治療できる

2019年09月02日
肌がきれいなので嬉しくなる女性

シミの原因は、ターンオーバーの乱れで新しい皮膚に生まれ変われなくなり皮膚が厚くなること、紫外線などによる肌ダメージでメラニンが濃くなること、さらにニキビ跡や色素沈着なども考えられます。ちなみに年齢によって肌の状態は違うという方がほとんどです。たとえば若い時には皮脂の分泌が過剰になりやすく、思春期ニキビとも言われるニキビができやすい肌状態になります。アクネ菌というのがニキビの原因にもなりますが、とにかく肌を清潔にしていくことが重要なポイントです。

もちろん個人差も有りますし体質にもよりますので、ほとんどできないという方もいるかもしれません。しかし毛穴が開いた状態でそこに皮脂や汚れが溜まり、アクネ菌がどんどん発生して炎症を起こしてしまうと、ニキビはどんどん出来てしまいますので、まずは予防を心がけていきましょう。しかし予防をしていてもそれ以上に皮脂分泌があると、どうしてもできてしまいます。自分でつぶしたりいじってしまうと、菌が増えたり炎症をさらに大きくしてしまい跡に残ってしまう可能性も高まります。跡が残ってしまうことでシミに発展したりクレーター状態になる事も想定されますので、もしできてしまった時には皮膚科を受診する事をおすすめします。

皮膚科での治療は、細い針で膿を出す出口を作り、専用の器具で押す事でその膿を出すという方法がまずあげられます。少し痛みも有りますが効果は非常に高く、きれいに治す事が出来ます。クリンダマイシンという薬もしばしば処方されます。このクリンダマイシンは抗生物質で根本的にアクネ菌を退治してくれるので、ドラッグストアなどで売られている物よりも効果が期待出来ます。

今は通販で色々な物が購入できる時代ですし、クリンダマイシンも本来は医師から処方してもらう処方薬ではありますが、個人輸入という方法であれば通販での購入も可能です。その際、自己責任で使用することになりますし、できれば症状を見てもらい医師から処方してもらったり膿を出すと言った処置もしてもらう方が効果は高いので、薬だけで治したいという場合には良いかも知れませんがよく考えて購入しましょう。

とにかく自分でニキビをいじったり爪で押し出すと言った荒治療をしてしまうと、跡に残ってしまうというリスクが非常に大きくなりますので、まずは皮膚科を受診して専門医の治療を受けるのが理想です。場合によっては抗生物質の内服薬を処方してもらう事も出来ますし、より早く内側からも働きかけて治す事も出来ます。

一度跡に残ってしまったニキビ跡は、色素沈着を引き起こしてシミになってしまうリスクもありますが、もしシミになってしまった時にはレーザーなどの方法もあります。その治療は保険も適用されず高額な費用が掛かってきてしまう事も想定されますので、できるだけニキビ跡を残さないように早めに対応することが大事なポイントです。予防と治療でシミのない肌を作っていきましょう。