鏡を見て肌の問題を心配する女性
鏡を見て肌を気にする女性

美魔女という言葉が定着しつつありますが、何時までも綺麗な肌でいたい、そして若々しい印象を保ちたいという場合には、美肌対策をしっかりしていくことが大事です。年齢とともに様々な老化現象がお肌に現れてきますが、たとえば乾燥が原因のシワ(目尻やほうれい線、おでこの深いシワなど)や、毛穴の開きやたるみ、そしてシミもその老化現象の一つです。見た目的にもあまり良くありませんし、老化現象ですので老けた印象になってしまうことにもつながります。

肌の悩みは皆さんそれぞれ抱えていますが、原因と対策をしっかり行うことで悩みを解消する事も出来ます。まずは原因から考えてみましょう。まず、しわやたるみ、毛穴の開きやシミなど肌の悩みに共通する原因には、乾燥が挙げられます。肌の細胞同士をつなぎとめているコラーゲンという成分がありますが、これが30代後半頃からどんどん減少する事で、保水力が低下していきます。コラーゲンの減少によって、肌は保水力が減りますので摩擦や紫外線などの外部からの刺激も受けやすくなります。

特に紫外線はシミを作る一番大きな原因とも言われていますが、ターンオーバーという新陳代謝の働きの低下も関係してきます。新しい皮膚に生まれ変わるタイミングが遅くなっていく事で、皮膚が厚くなり老廃物もたまりやすくシミも濃く出やすくなっていくのです。化粧水をいくら入念につけても、保水力が低下している状態ですと、どうしても肌は潤いを満たすことができませんし、一度出来てしまったシミというのは消したいと思っても基礎化粧品として使っている美白化粧品では解消出来ない事も多いです。

美白成分が配合されている美白化粧品は、今多くの方が使っていて話題にもなっていますが、基本的にはシミを予防するということが出来ても出来てしまったものを消したいと思っても消えないというのが現状です。普段のスキンケアで使う美白化粧品は、基本的には予防策ということで、1度出来てしまったものは化粧品では消えないということを覚えておきましょう。毎日美白化粧品を使っているから大丈夫と言うことではないのです。

もちろん予防をすることも重要なポイントにはなってきます。紫外線の刺激を受けることで、肌のメラノサイトにはシミの原因ともなるメラニンが出来てしまいます。毎日の朝のお手入れの最後に日焼け止めを使うことで、紫外線からのダメージを軽減させる事が出来ますし、メラニンをできるだけ作らないということが予防ポイントの一つです。お肌のマッサージもエイジングケアとして良いのですが、摩擦というのも実はダメージを与える原因になってしまいますのでやり過ぎは禁物です。スキンケアの行程においても、優しく洗顔をすることも心がけましょう

紫外線や肌への摩擦にできるメラニンですが、ターンオーバーの働きがちゃんとしていれば、どんどん新陳代謝で新しい皮膚に生まれ変わるのですが、年齢とともにその働きも衰えていきますし、濃くなったメラニンの状態をできるだけ薄くする事も重要になってきます。これがいわゆるシミ消しです。
美容皮膚科にいくと、レーザーやフラッシュといった方法でシミを薄くするということも対策方法として提案してもらう事が出来ます。しかし美容目的ですと保険は適用されませんし高額になってしまう事もデメリットになります。

自宅でケアをしたい方におすすめなのが、ハイドロキノンやトレチノインを使ったり、市販されているトラネキサム酸などの内服薬を飲む事です。ドラッグストアなどで簡単に手に入るケシミンクリームも効果は高いですし、まずはケシミンクリームから試してみることもおすすめです。